〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2430

インタネット予約

横浜市港北区の産科・婦人科・母乳外来・助産師外来

YOSHIKATA スタイル 産後ケア・育児支援

 
イベント・本・雑誌関連情報 スタッフブログベビーフォトギャラリーベビーフォトの投稿はこちらから
カトレアレディースクリニック ベルーガこどもクリニック オリーブレディースクリニック CURAR
マタニティ&ママ

妊娠・出産・育児の携帯情報サイトです。
当院のスタッフも参加しております。
興味のある方は是非ご覧下さい。

モバイルサイト

<認定番号 JM03085-140221 マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

トップページ»  YOSHIKATA スタイル 産後ケア・育児支援
妊娠

よしかた産婦人科の産後ケア・育児支援は3本の柱を実践することにあります。
それは、①母乳育児支援②産後のカラダもどし指導③幸せな親子関係のためのプログラム開催の3本の柱です。
そして、その支援が継続して行われることが大切だと思っております。

①母乳育児支援 

お産の後、すぐに必要なおっぱいのケア

ママは『出産すると妊娠前の身体にもどる?』と思いがちですが、そうではありません。産後は元通りではなくて、授乳婦さんの身体に変化するのです。出産後2~3日するとママのおっぱいはパンパンに張ってきます。これは、産後のママのホルモンが授乳婦さんのホルモン状態になるからで、自然におっぱいをあげるための身体に変化していくのです。だから、母乳のケアは必ず必要になってきます。
そこで、当院では「ママと赤ちゃんの絆づくり」に大切な母乳育児をスタート時点からスムーズにいくように、マンツーマンでご指導しております。赤ちゃんのタイプ、ママのおっぱいのタイプはみんなそれぞれ違うもの。マンツーマンで個別にじっくり見ていくことが重要です。

楽しい育児になるように

初めてママの母乳育児安心ブック

当院スタッフが監修しているベネッセの本です
>詳しくはこちら

ママが赤ちゃんと母乳育児を楽しめるのは、せいぜい1~2年間。小学校入学の頃までおっぱいを飲んでいる子もいますが、2歳ぐらいで卒乳していくことが多いようです。20歳の成人になるまでを子育てだとすれば、おっぱいをあげられるのは、そのうちのほんの短い間…。大変だったことも、おっぱいを飲むかわいい赤ちゃんの表情も、みんなママと赤ちゃんのステキな思い出になります。完全母乳でなく混合栄養でも、1歳過ぎておっぱいをやめずに続けていると、もうミルクなど必要なくなったモリモリごはんを食べる2歳のお子さんが、走って転んで痛くて泣いて「ママおっぱい~」、夜に怖くてさびしくて「ママおっぱい~」と「栄養」ではなくて「安心」のためにおっぱいを求めてくるようになるものです。
当院では、楽しいと思えるような母乳育児のありかたを提案できるよう心がけております。

②産後のカラダもどし

ゆっくり回復していく産後の身体

産前産後のボディケアブック

当院スタッフ監修の本です。
>詳しくはこちら

昔から日本では、産後のママに「床(とこ)あげは1か月で」と言われてきました。「1か月は寝て過ごしましょう」という意味です。ママは産後1か月間、家事をせず赤ちゃんのお世話だけにすることが、しっかり身体を戻していくための基本です。
畳に着物、和式トイレの生活をしてきた日本女性にとって、100年前には1か月で元通りだったのかもしれませんが、現代女性はもう少し時間がかかり、3か月から半年を要するとも言われています。

ウエストニッパーでは戻せない

「産前産後のボディケアブック」にも掲載していますが、産前・産後に骨盤底筋群という子宮や大腸などを支える筋肉が、柔らかくなり伸びていきます。これは、赤ちゃんをおなかの中で育てて、出産するためにおこる自然の現象ですが、産後に筋肉が戻る速さは、筋肉量、筋力によって変わってきます。つまり、あまり運動をしていなかったり、やせすぎていたりすると、筋肉が弱いため、戻るのに時間がかかるのです。和式トイレはスクワットを1日に何度もするのと同じ動き。つまり、和式の生活では自然に骨盤底筋を鍛えていたわけです。
産後のカラダもどしに、的確な筋トレ(インナーマッスルのトレーニング)は重要です。残念ながらウエストニッパーは上から押さえつけているだけなので、本当の「カラダ戻し」にはなりません。セレモニーなどで、身体をきれいに見せたいときに利用しましょう。

YOSHIKATA スタイル で産後ボディメイク

授乳中のママは、しなやかで身体にメリハリがあって、本当に美しいものです。それに加えて、背骨・骨盤・筋肉という身体を支えている臓器をしっかり上手に作っていくことで、活力のあるカラダづくりになります。
「産後の身体もどし」分野の研究は、まだまだ進んでおらず、当院では学術的にしっかりとした方法論を作るべく、関西福祉大や筑波技術大、妊婦専門鍼灸院のせりえ鍼灸院などの施設とともに研究をおこなっております。
開講以来、大人気の「産後ボディメイク教室」にて、YOSHIKATA スタイルな赤ちゃんとママのエクササイズをご紹介いたします。

③幸せな親子関係のためのプログラム

ママが気持ちよくなると、赤ちゃんも気持ちイイ♪

入院中のスペシャルメニューに「ママのアロマトリートメント」があります。
お産でがんばったママへの嬉しいごほうびとして、背中のアロマトリートメントをおこなっております。当院のトリートメントは鍛錬した病棟スタッフが担当。スタッフがおこなうからこそ、不安な気持ちやお産の時の話をたっぷり聞いてもらえて、心身ともに解放されていきます。トリートメント終了後はハーブティをいただきながらのんびり。
「気持ちよかった!」「もう一度受けたい♪」とママたちからの声を多数いただいております。

ベビーマッサージ 

当院は産んだら終わり!?ではありません

お産はゴールではありません。赤ちゃんが生まれてから、ママとパパと赤ちゃんがより良く幸せなご家族の時間を過ごすために、様々なプログラムを企画しています。

ベビーマッサージ教室
ベビーマッサージ

赤ちゃんと家族のスキンシップでお互いに絆が深まります。当院は横浜市で1番早く院内講座を開講しました。
赤ちゃんとふれあい、お互いがリラックスした楽しいひとときを過ごしませんか?

対象: 主に4か月のママと赤ちゃん 
  週1回3回コース
 

ベビーマッサージ教室

離乳食セミナー
離乳食セミナー

おっぱいの次には離乳食のお悩みがやってきます。『本当はいらない!? 離乳食』と題した聖マリアンナ医大名誉教授の堀内勁先生のご講演と、当院食育スタッフの手作り離乳食での試食会を年4回、定期的に開催しています。日程はお知らせをご確認ください。

離乳食セミナー

おんぶと抱っこの教室
おんぶと抱っこの教室

「赤ちゃんを姿勢よく育てるには?」「ママ・パパと赤ちゃんがここち良い、抱っことおんぶとは?」日本人の体形にあったおんぶと抱っこの極意を『ベビーウェアリングコンシェルジュ』がご指導します。
赤ちゃんの姿勢をよくするだけでなく、ママが家事や上の子のお世話をする時にも、上手なおんぶは大活躍!今、災害時の安全な避難方法にも、おんぶが見直されています。

〈開催詳細〉 毎月、第4火曜日:10時~12時 定員10組
         参加ご希望の方は電話にて 045-472-8688(月~土 14時~18時)

 

 
その他

 

その他、不定期で以下のようなセミナーやコンサートなどをおこなってまいりました。今後も楽しくて、ためになる、親子のためのプログラムを企画・提供していきます。

池川先生講演会ポスター

☆「胎内記憶」池川明先生のお産と子育てが楽しくなる講演会

コンサート

☆アロマ&ハーブティーとマタニティサロンコンサート

詳しくはこちら

☆よしかた産婦人科主催:ユニセフチャリティーコンサート

2005年 「木村真紀さん」 「ayaさん」コンサート
於:横浜赤レンガ倉庫ホール

2007年 「NHK歌のお姉さん 神崎ゆう子さん」「code M」さん 「aya」さん コンサート
於:パシフィコ横浜大ホール

 
ページトップへ