スタッフ募集

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2430

インタネット予約

横浜市の産婦人科・母乳外来・助産師外来。JR横浜線「小机駅」北口徒歩3分

スタッフブログ

 
イベント・本・雑誌関連情報 スタッフブログベビーフォトギャラリーベビーフォトの投稿はこちらから
カトレアレディースクリニック ベルーガこどもクリニック オリーブレディースクリニック CURAR

 

モバイルサイト

<認定番号 JM03085-140221 マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

トップページ»  スタッフブログ 記事一覧»  よしかたスタッフの日々つれづれ»  両親教室を受けられずにお産する方へ その③ 『心の準備』

両親教室を受けられずにお産する方へ その③ 『心の準備』

両親教室を受けられずにお産する方へ その③ 『心の準備』

〈両親教室を受けられずにお産される方へ~その③~〉

『心の準備』


『陣痛』という言葉を聞いて何をイメージしますか?


「人生で経験したことのない痛み」「怖い」「早く終わらせたい」という方が大半でしょうか?
でも、予定日を何日も過ぎてしまうと、あんなに怖かったのに「陣痛早く来てー」って、思いますよね。当たり前なんですが、『陣痛』がないと赤ちゃんは産まれてこれません。


確かに、お産は痛みを伴います。でも、決して痛いだけではない、妊娠した女性にしか出来ない感動的で神秘的な体験なのです。
大昔からこの営みは変わっていません。
そして、こんなに医学が進んだ現代でも、陣痛がなぜ起こるのかのメカニズムは解明されていません。いくつかのホルモンが関係していることは分かっているのですが、予定日近くになるとなぜそのホルモンが分泌されるのか、諸説ありますがはっきり分かっていません。


ここからは、そのホルモンの話しをしたいと思います。(ホルモンのお話は、両親教室1課で院長・裕美先生がお話ししてくれています)


『陣痛』をおこしてくれる重要なホルモンとして、
《オキシトシン》があります。


オキシトシンは別名「愛情ホルモン」「幸せホルモン」と、呼ばれています。(実は、よく知られている作用とは別に、産後などに「攻撃的」になるのもこのオキシトシンの作用だといわれています)
お産の時、オキシトシンを上手に味方につけるためには、五感に心地いい刺激を与えることです。
陣痛が来ている最中にも、好きな香りをかいだり、好きな音楽を聴いたり、パパさんとスキンシップをとることも分泌促進につながります。


オキシトシンは、やる気を出させるドーパミン、心を安らかにするセロトニン、そして、痛みを抑えるβエンドルフィンなどの働きにも深くかかわっています。


ここで、《βエンドルフィン》についてちょっと詳しくお話ししましょう。


βエンドルフィンは、別名「脳内麻薬」と言われる神経伝達物質で、強い鎮痛作用や幸福感をもたらすと言われています(^-^)/
出産経験のある方は「私もそうだったー」と、言う方がいらっしゃると思いますが、陣痛のお休みの時に眠気に襲われたり、あんなに痛くて怖かったはずのお産が終わった後、ランナーズハイの様に気持ちよさを感じるのも、このβエンドルフィンによるものなのです。


実際に、出産直後に「気持ちよかったー!もう一人産みたーい!」と、大声でおっしゃっているママさんに出会ったこともあります。
ちなみに、無痛分娩ではβエンドルフィンの効果はほとんど発揮されないそうです。


『陣痛』の良い働きはまだあります。陣痛による子宮の収縮が赤ちゃんに適度なストレスを与えると赤ちゃんの体からは肺水(肺の中を満たしている液体)を吸収させるホルモン(グルココルチコイド)がしっかり出て、空気を肺に入れる準備をします。そして、誕生してきた時の「おぎゃー!」という第一啼泣に繋がります。
予定でおこなう帝王切開では、出生後しばらく赤ちゃんの呼吸の管理が必要な場合がありますが、それは、陣痛がないため、赤ちゃんにグルココルチコイドが不足するからなのです。


『陣痛』は「痛い」「苦しい」だけじゃなく、ママさんの体と心・赤ちゃんまでもちゃーんと守りながら、赤ちゃんをお外の世界に押し出してくれる女性特有の最大のパワーなのですね。すごいぞ!!陣痛!


『陣痛』が来ている時は、よせては引く波に身を任せる様に、『陣痛』の間隔、痛みを感じる場所、赤ちゃんが降りてくる感覚を感じでてみてください(*^^*)

最近は、陣痛アプリをつけている方を見かけますが、あまりおすすめしていません。読み・書き・話す・考えるは左脳がつかさどっています。


でも、お産中は右脳優位であって欲しいのです!


右脳が活性化すると、オキシトシンが出やすくなるからです。体が自然に起こしている現象を感じながら、赤ちゃんと一緒に(今はお家で祈り見守ってくれているパパさんやご家族さまと一緒に)赤ちゃんの誕生を迎えましょう!(*^^*)


今回の『心の準備』が一番長くなってしまいました(*_*)


実は、院長・裕美先生が2年前にラジオ(TokyoFMのLOVE CONNECTION)でお話ししていた内容をどうしてもお伝えしたかったのです。
難しいことを考えたり、怖がったりしなくても大丈夫!


「案ずるより産むが易し」\(^-^)/です!


裕美先生のメッセージ、ぜひ聴いてください!
(メッセージの最後がブツッと切れているのは大人の事情です、すみません⤵)
音声は、Facebook又はInstagramでお聞きいただけます。





助産師:大西

2020-05-13 21:24:42

よしかたスタッフの日々つれづれ   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント