スタッフ募集

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2430

インタネット予約

横浜市の産婦人科・母乳外来・助産師外来。JR横浜線「小机駅」北口徒歩3分

お役立ち情報

 
イベント・本・雑誌関連情報 スタッフブログベビーフォトギャラリーベビーフォトの投稿はこちらから
カトレアレディースクリニック ベルーガこどもクリニック オリーブレディースクリニック CURAR

 

モバイルサイト

<認定番号 JM03085-140221 マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

トップページ»  お役立ち情報一覧»  【横浜市】産後ケアが欠かせない母乳トラブルと卒乳 ママと赤ちゃんの母乳育児支援

【横浜市】産後ケアが欠かせない母乳トラブルと卒乳 ママと赤ちゃんの母乳育児支援

初めての育児はわからないことが多いもの。身近に相談できる相手がいればよいのですが、初めての育児を経験する方の中には、相談できる相手が近くにいない方も少なくありません。

そんなママの力になるべく、横浜市港北区にあるよしかた産婦人科では、妊娠・出産だけでなく、産後ケアや育児支援にも取り組んできました。こちらでは、よしかた産婦人科にご相談に来られたママから、よくご質問いただく母乳トラブルと卒乳について解説します。

母乳トラブルとは?

母乳トラブルについて説明する女性

横浜のよしかた産婦人科には、母乳トラブルを抱えたママが多く来院されます。ここでは代表的な母乳トラブルをご紹介します。

乳房にしこりがある

しこりには、乳房に乳汁が溜まってできるしこり、細菌感染で膿をつくってしまう乳腺炎のしこり、乳がんのしこりなどがあり、鑑別が必要です。

うっ滞性の場合、赤ちゃんに色々な方向から母乳を飲んでもらうことが大事です。残った母乳を搾乳し過ぎるとかえって張りが強くなってしまうため、強い張り感が少し楽になる程度の搾乳にしましょう。赤みが強く、痛みを伴う場合は母乳外来に相談してください。

乳首の一部に白い詰まりがある

母乳が通り道である乳管に詰まった白斑、もしくは乳栓と呼ばれる状態です。白斑部分をホットタオルで温めた上で、白斑が見られる乳首の方から授乳してみましょう。しばらく様子をみても変わらないようなら、母乳外来で診てもらうことをおすすめします。

授乳すると乳首が痛む・キレツができてしまった

母乳を開始したばかりの時期には、ほとんどのママは乳首の痛みを感じます。硬い乳首が赤ちゃんに何度も吸われて柔らかく変化していくので、乳首に負担がかかって痛みを引き起こすのです。

また、乳頭の乾燥でキレツができることもあります。乳頭保護器を使用したり、乳頭を湿潤させるためのオイルを塗ることなどでケアができます。

まず、セルフケアとして赤ちゃんが乳輪からしっかりくわえられるよう、抱き方を工夫してみましょう。痛みが続くなら母乳外来で診てもらうとよいでしょう。

横浜市港北区にあるよしかた産婦人科では、産後ケア・母乳育児支援に力を入れています。お産の後、すぐに必要な母乳トラブルも対応していますので、どうぞ気軽にご相談ください。

計画的に行う卒乳の方法

手の横に浮かぶ黄色のクエスチョンマーク
卒乳とは?

卒乳とは、赤ちゃんがおっぱいから卒業することです。赤ちゃんが自然におっぱいから離れることもあれば、母乳の出具合やママの仕事復帰などの理由から、計画的に卒乳に取り組むこともあります。

計画的な卒乳の方法とは?

食事からきちんと栄養が摂れるようになった1~2歳頃を目安に始めます。「おっぱいにバイバイする」ということを赤ちゃんとのコミュニケーションで知ってもらうようにします。

この頃には、赤ちゃんにとっての母乳タイムは『心の安定・ホッとできる時間』となっており、身体というより心の栄養を担う役目を持っています。

ですから、おっぱいを欲しがりそうな雰囲気の時に、おやつや遊びなどで気を紛らわせたり、おっぱいのかわりにギュッと抱きしめるなど、ママの愛情で安心感を与えてあげましょう。

どうしても泣いて嫌がる時には?

どうしても泣いておっぱいを欲しがる子は、まだおっぱいを卒業すべき時期ではないのかもしれません。卒乳を目指すのは一旦辞めて様子をみるのもよいでしょう。

赤ちゃん一人一人の顔が違うように性格も違います。寂しがり屋さんでおっぱいから離れたくない子もいれば、1歳になる前にサッサと自分から離れていく子もいます。

母乳育児のよさは一人一人の個性に寄り添えることにもあるので、焦らず慌てずに少し時間をかけて取り組んでみましょう。卒乳に関して、赤ちゃんとの向き合い方や乳房の状態チェックを母乳外来で相談するのもよいと思います。

横浜市のよしかた産婦人科では、産後ケア・母乳育児支援に取り組んでいます。卒乳に関するお悩みにも対応できますので、疑問・質問などはお問い合わせください。

産後ケア・母乳育児支援に取り組む横浜市のよしかた産婦人科

横浜市で産後ケア・母乳育児支援に取り組む産科をお探しの方、よしかた産婦人科の母乳育児支援では、母乳に関する幅広い相談に対応しています。

妊娠中から産後までの切れ目のない母乳指導、人工乳の使い方、卒乳指導も受けられますので、初めての妊娠で出産、授乳に戸惑う方からのご相談もお待ちしています。

よしかた産婦人科はJR横浜線「小机駅」北口より徒歩3分の好アクセスで、マタニティヨガ、マタニティビクスや赤ちゃんと一緒に参加できる産後ボディメイクヨガ、ママフィットなどのエクササイズ、また、骨盤調整の産後リハビリ外来など、産後ケアの充実したプログラムを用意しています。

横浜で産後ケアをするならよしかた産婦人科にお任せください

医院名 医療法人社団 善方会 よしかた産婦人科
住所 〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2430
TEL 045-472-8688
アクセス

JR横浜線 「小机駅」北口より徒歩3分。

JR横浜線 「小机駅」北口から鴨井方面へ。踏切をわたってすぐ左。

診療内容 産科 / 婦人科 / 母乳外来 / 助産師外来
診療時間
  • 9:00~11:30
  • 14:00~17:30
休診日 木曜・日曜・祝日
駐車場 専用駐車場あり
URL https://www.yoshikata.or.jp/