スタッフ募集

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2430

インタネット予約

横浜市の産婦人科・母乳外来・助産師外来。JR横浜線「小机駅」北口徒歩3分

お役立ち情報

 
イベント・本・雑誌関連情報 スタッフブログベビーフォトギャラリーベビーフォトの投稿はこちらから
カトレアレディースクリニック ベルーガこどもクリニック オリーブレディースクリニック CURAR

 

モバイルサイト

<認定番号 JM03085-140221 マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

トップページ»  お役立ち情報一覧»  【横浜】母乳外来・産後ケアならよしかた産婦人科へ 母乳育児のメリット&授乳のコツ

【横浜】母乳外来・産後ケアならよしかた産婦人科へ
母乳育児のメリット&授乳のコツ

横浜にあるよしかた産婦人科の母乳外来には、母乳育児に関する悩みを抱えた方が数多くご相談に来られます。妊娠を考えている、あるいは妊娠初期のママには「母乳育児にはどんな良いことがあるの?」という素朴な疑問がわきますよね。

そこで今回は、母乳育児で得られるメリットについて解説いたします。また、母乳育児で重要となる授乳のポイントや、うまくげっぷをさせる方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

母乳育児のメリットとは?

おんぶされて笑顔になる赤ちゃん

母乳育児には、次のようなメリットがあります。

母乳には赤ちゃんに大切な栄養素がたっぷり!

母乳には、たんぱく質・脂質・炭水化物といった三大栄養素はもちろん、ビタミンやミネラルなども含まれています。ママの良質な腸内細菌をはじめとして、母乳中の生きた細胞が赤ちゃんに直接届けられることで、赤ちゃんの成長を多方面からサポートします。

赤ちゃんの病気の予防になる!

出産後から1週間頃まで出る「初乳」には、菌やアレルギーから赤ちゃんを守る免疫物質が含まれているため、赤ちゃんの病気予防に役立ちます。

産後のママの身体をサポート!

母乳の分泌を促すホルモン「オキシトシン」は、子宮を収縮させる働きがあります。そのため、子宮の回復をサポートしてくれます。また、授乳経験のあるママは乳がんになりにくいといわれています。

スキンシップで親子の絆が深まる!

授乳中、赤ちゃんはママのぬくもりを全身で受け止めています。赤ちゃんの目を見つめ、語りかけながら過ごすことで、親子の絆を深めることができます。

また、乳汁分泌ホルモンのオキシトシンは絆ホルモンともいわれ、ママと赤ちゃんの共感や愛着のやり取りをスムーズにします。

横浜にあるよしかた産婦人科の母乳外来では、頑張り過ぎない母乳育児をサポートしています。妊娠中の母乳育児に向けた準備から産後のケア・フォローまで、切れ目のない万全のフォローアップでサポートしております。ぜひお任せください。

授乳のポイントとは?

お母さんに抱っこされる赤ちゃん

授乳の際には、いくつかの抱き方があります。乳房のタイプや赤ちゃんのサイズなどで良いポジションになるようにします。

横抱き

最もベーシックな姿勢です。乳房に赤ちゃんの顔と身体を向き合わせて授乳する方法です。両手で赤ちゃんを包み込むように抱っこし、赤ちゃんの身体全体を自分に向けます。

縦抱き

太ももの上に赤ちゃんを座らせるように縦に抱っこして授乳する方法です。赤ちゃんを太ももに座らせているため、腕や腰に負担がかからず、横抱きに比べると楽に授乳できます。乳房が小さめのママに向いています。

フットボール抱き

フットボールを脇に抱えるように、赤ちゃんを小脇に抱えて授乳する方法です。乳房と赤ちゃんの顔の高さを合わせるため、授乳クッションを使うと楽に授乳できます。

添い乳

赤ちゃんの隣に横になり、乳房を赤ちゃんの顔に近づけることで授乳する方法です。楽な姿勢で授乳できますし、夜中の授乳も起き上がらずにこなすことができます。

授乳の姿勢で注意すべきポイントは、赤ちゃんの身体がよじれていないか、乳輪までしっかりとくわえられているかどうかです。赤ちゃんの授乳姿勢が正しくないと、母乳をうまく飲めなくなることがあります。

また、乳首だけをくわえた飲み方は、乳頭が傷ついたり母乳が出にくくなったりする原因にもなります。赤ちゃんの鼻と乳首がしっかり向き合っていること、赤ちゃんの耳・肩・腰がねじれずに一直線になっていることを確認しましょう。

授乳方法に不安がある方は、横浜にあるよしかた産婦人科の母乳外来にご相談ください。

うまくげっぷをさせる方法・コツ

ゲップがうまく出せないと不安になるママは多くいます。母乳の場合、赤ちゃんはあまり空気を飲まないので必ずしもゲップをさせなければいけないということはありません。しばらくして、おならで空気を出す赤ちゃんもいますよ。

縦抱きで

赤ちゃんの胸からお腹の部分がママの肩に当たる位置にかつぎあげ、背中をさするか、もしくは優しくトントンと叩きましょう。

ママの膝に座らせて

ママの太ももに赤ちゃんを座らせ、片手で胸を支えます。そして、赤ちゃんの上半身を前に傾けて、背中を優しくトントンと刺激しましょう。

5分以上出ない場合は横向きに寝かせて様子を見る

赤ちゃんはげっぷをしなくても、おならなどで空気を出していることもあります。そのため、5分以上待ってもげっぷが出ない場合には、寝かせて様子を見てみましょう。

仰向けにしていると万が一吐いた際に、吐いたものが気管に詰まってしまうため、「横向き」に寝かせるようにしてください。

「上手にげっぷが出せない」などのご心配も、横浜にあるよしかた産婦人科の母乳外来にご相談ください。

母乳育児支援や産後の身体ケアに対応!横浜で母乳外来を受診するならよしかた産婦人科へ

母乳育児支援に興味のある方は、よしかた産婦人科へご連絡ください。よしかた産婦人科の母乳外来では、母乳育児支援や産後の身体ケアなど、妊娠・出産はもちろん、産後のママと赤ちゃんをしっかりサポートしています。

ヨガやアロマテラピーなど、出産や育児で疲れたママをケアするプログラムも数多くご用意しています。横浜でパパ・ママ・赤ちゃんのみんなが笑顔になれる産婦人科・母乳外来をお探しでしたら、よしかた産婦人科へぜひお越しください。

横浜で母乳外来をご検討中の方はよしかた産婦人科へ!

医院名 医療法人社団 善方会 よしかた産婦人科
住所 〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2430
TEL 045-472-8688
アクセス

JR横浜線 「小机駅」北口より徒歩3分。

JR横浜線 「小机駅」北口から鴨井方面へ。踏切をわたってすぐ左。

診療内容 産科 / 婦人科 / 母乳外来 / 助産師外来
診療時間
  • 9:00~11:30
  • 14:00~17:30
休診日 木曜・日曜・祝日
駐車場 専用駐車場あり
URL https://www.yoshikata.or.jp/