〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2430

インタネット予約

横浜市港北区の産科・婦人科・母乳外来・助産師外来

お役立ち情報

 
イベント・本・雑誌関連情報 スタッフブログベビーフォトギャラリーベビーフォトの投稿はこちらから
カトレアレディースクリニック ベルーガこどもクリニック オリーブレディースクリニック CURAR
マタニティ&ママ

妊娠・出産・育児の携帯情報サイトです。
当院のスタッフも参加しております。
興味のある方は是非ご覧下さい。

モバイルサイト

<認定番号 JM03085-140221 マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

トップページ»  お役立ち情報一覧»  若い女性に急増!子宮頚がんに注意しよう

若い女性に急増!子宮頚がんに注意しよう

子宮頚がんは、若い世代の女性がかかる確率が高い病気です。20代の罹患数が増えているものの、検診受診率は低いのが現状です。子宮頚がんは、早期発見と予防が可能ながんです。リスクを減らす方法を把握し、予防しましょう。

若い女性に子宮頸がんが増えている理由

若い女性に子宮頸がんが増えている理由

若い女性に子宮頚がんが増えている理由には、初交年齢の低年齢化が挙げられます。子宮頸がんの原因は性交渉で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)のため、性交開始が早いほど感染する時期が早まり、若年で発症しやすくなるのです。

また、検診の受診率が低く、予防や早期発見ができていないことも若年化している理由の一つです。子宮頚がんの初期は、自覚症状がほとんどありません。

気づいた時には進行している場合があるため、検診を定期的に受けることが重要です。

子宮頸がんの感染経路

子宮頸がんの主な原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)であることがわかっています。このウイルスは、皮膚の表面のどこにでもいますが、性交渉によって感染するため、性体験のある女性の8割が感染します。

感染しても9割以上の人は自然に排除されますが、HPVが排除されず長期にわたって感染が持続することがあります。

持続感染の1〜3割が前がん状態へ、さらにその1割以下が子宮頚がんへ移行します。

子宮頸がんのリスクを減らす方法

子宮頸がんのリスクを減らす方法

子宮頚がんになるリスクを減らす方法は、ワクチン接種と子宮がん検診の二つです。子宮頚がん予防のワクチンは9歳から接種可能で、11〜14歳の女子への接種をおすすめします。HPVワクチンは、がん発症の70%以上を予防できます。

しかし、日本でのワクチンの接種率は1%以下という現状です。子宮頚がんはワクチンで発症リスクを軽減できますので、できれば接種をした方が良いでしょう。しかし、ワクチンだけでは100%予防はできません。ワクチン接種と合わせて、定期的に子宮頚がん検診を受けるように心がけましょう。

子宮がん検診では前がん状態を発見することができ、がんに変化する前に治療を開始できます。そのため子宮がん検診は、がんの予防につながるのです。

YOSHIKATA スタイル

子宮頸がん・乳がんをはじめとする女性特有の病気は、定期的な検査で早期発見につなげることができます。がん検診の中でも子宮頸がん検診は、20歳以上を対象に年1回の受診が推奨されていますので、積極的に受けるようにしましょう。

港北区にあるよしかた産婦人科では横浜市の委託事業として子宮がん検診を行っております。女性のための細やかな診療を目指し、横浜市(港北区など)にお住まいの皆様の健康をサポートさせていだきます。

子宮がん検診をご希望なら港北区のよしかた産婦人科へ

医院名 医療法人社団 善方会 よしかた産婦人科
住所 〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2430
TEL 045-472-8688
アクセス JR横浜線 「小机駅」北口より徒歩3分
JR横浜線 「小机駅」北口から鴨井方面へ。踏切をわたってすぐ左。
診療内容 産科 / 婦人科 / 母乳外来 / 助産師外来
休診日 木曜・日曜・祝日
駐車場 専用駐車場あり
URL https://www.yoshikata.or.jp/
ページトップへ