〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2430

インタネット予約

横浜市港北区の産科・婦人科・母乳外来・助産師外来

お役立ち情報

 
イベント・本・雑誌関連情報 スタッフブログベビーフォトギャラリーベビーフォトの投稿はこちらから
カトレアレディースクリニック ベルーガこどもクリニック オリーブレディースクリニック CURAR
マタニティ&ママ

妊娠・出産・育児の携帯情報サイトです。
当院のスタッフも参加しております。
興味のある方は是非ご覧下さい。

モバイルサイト

<認定番号 JM03085-140221 マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(レギュラー)付与の認定を受けています。

トップページ»  お役立ち情報一覧»  身体の不調はホルモンバランスの乱れが原因?年齢別に現れる女性特有の病気を解説!

身体の不調はホルモンバランスの乱れが原因?年齢別に現れる女性特有の病気を解説!

女性の身体と心は、女性ホルモンの影響を大きく受けます。不調を感じたら、女性特有の病気のサインかもしれません。その症状を知って、我慢せずに早めに受診するように心がけましょう。こちらでは、女性ホルモンによる身体の変化や、年齢別の症状をお伝えします。

女性ホルモンと身体の変化

女性ホルモンと身体の変化

女性ホルモンは全身に作用しており、女性ホルモンの変化は身体と心に様々な変化を与えます。

女性のライフステージは、女性ホルモンの変化によって四つに分けられます。

思春期

思春期とは二次性徴(乳房発育や陰毛発育)が始まってから、初経(初潮)を経て、月経が安定してくるまでの期間のことで、具体的には8~18歳くらいまでの時期を指します。

卵巣の機能が発達して女性ホルモンの一つエストロゲンの分泌が盛んになり、女性らしい身体つきに変化していきます。しかし、脳から出て卵巣へ刺激を与えるホルモン(卵胞刺激ホルモン、黄体化ホルモン)と卵巣ホルモンのバランスは、まだ未熟。思春期卒業に向けてゆっくり整っていきます。

性成熟期

およそ19~45歳くらいまでの時期を性成熟期といいます。性成熟期は、脳からの卵巣を刺激するホルモンと卵巣ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)のバランスが安定して、月経周期も定まり、心身ともに安定します。

20歳代~34歳くらいまでが妊娠出産に最も適した時期といえます。35歳から45歳くらいまでの間に、個人差はありますが、卵巣の機能はゆっくり低下していきます。

更年期

46~55歳くらいまでの時期を更年期といい、この時期には卵巣の寿命が訪れることでエストロゲンの分泌が低下し、閉経を迎えます。

女性ホルモンのバランスが崩れるため、発汗やほてりなどの更年期障害が現れることがあります。逆に、月経量が多く貧血に悩まされていた場合などは、閉経によって体調が良くなる方もいます。

老年期

56歳以降は、閉経後の女性に特徴的な骨粗鬆症や生活習慣病にかかりやすくなります。しかし、ホルモンバランスが乱高下していた更年期を過ぎ、低値安定となることで、心身に落ち着きが出てくる時期ともいえます。

年齢別に現れる女性特有の症状

年齢別に現れる女性特有の症状

女性ホルモンの影響によって、ライフステージごとに特有の症状が現れます。

普段から、以下で紹介する症状がないか注意し、気になる症状があれば早めに婦人科を受診しましょう。

思春期

思春期には、月経やそれに伴うトラブルが多く起こります。月経痛や月経前症候群の症状がひどい場合、我慢は禁物です。月経前症候群は、月経前のイライラや吐き気、むくみなどが特徴的な症状です。日常生活に支障をきたすなら、婦人科を受診しましょう。

性成熟期

エストロゲンの分泌が盛んな性成熟期は、月経トラブルが多くなります。しかし、この時期には仕事の忙しさから、身体の不調の原因をストレスだと考え、放置する方も多くいます。

子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気が体調不良の原因となっていることを見逃してしまう可能性がありますので、不正出血や下腹部の痛みなど、不調を感じたら、早めに婦人科を受診しましょう。

更年期

更年期は身体のホルモンバランスが崩れ、様々な身体の不調を招きます。発汗やほてり、関節痛、気分の落ち込みなど更年期障害の症状がひどい場合には、婦人科を受診しましょう。

また、エストロゲンの分泌がなくなると、骨粗しょう症や高脂血症、高血圧などの生活習慣病リスクが高くなるので、定期的に検診を受けましょう。

老年期

老年期は、女性ホルモンの分泌がなくなるため、骨粗しょう症、生活習慣病に注意が必要です。また、陰部の皮膚や粘膜がナイーブになり、痛みやかゆみが出やすくなります。

骨粗しょう症は「自覚症状のない疾患」なので、骨密度検診を受けなければ診断できません。積極的に骨密度検診を受けましょう。

YOSHIKATA スタイル

女性ホルモンはライフステージによって様々な影響を与えており、エストロゲンは美と健康をつかさどるホルモンであると同時に、子宮筋腫や内膜症、乳がんに悪影響を及ぼします。

横浜にあるよしかた産婦人科では、副院長;善方裕美医師が女性ヘルスケア専門医、骨粗しょう症専門医であり、診療部長;井畑穣医師は婦人科腫瘍専門医です。

がん検診、骨密度検診、ホルモン治療、漢方治療、骨粗しょう症治療を専門的に行っております。

毎週水曜日の午後は、副院長による完全予約制の女性ヘルスケア外来を設けており、30分単位でのカウンセリングを実施しております。

産婦人科に通うなら横浜市北区のよしかた産婦人科へ

医院名 医療法人社団 善方会 よしかた産婦人科
住所 〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町2430
TEL 045-472-8688
アクセス JR横浜線 「小机駅」北口より徒歩3分
JR横浜線 「小机駅」北口から鴨井方面へ。踏切をわたってすぐ左。
診療内容 産科 / 婦人科 / 母乳外来 / 助産師外来
休診日 木曜・日曜・祝日
駐車場 専用駐車場あり
URL https://www.yoshikata.or.jp/
ページトップへ